夢を絵にする精霊アーティスト

haruki_trimming.jpg

ハルキ・ロマンティコ
(ヴィジョナリーアーティスト)
​〜 水瓶座 〜

当時滞在していた、20代から中南米や東南アジアをバックパッカーでまわり、2011年南米アマゾン川横断の旅の際、 未だに精霊とつながる部族を訪れ大きく影響を受ける。

バリ島を訪れた際、 月夜に浮かぶ森の影に精霊の存在を感じたことや、アマゾンの部族の精霊とつながる儀式を目の当たりにし、 それらを絵に描き始める。

現在ではハルキ・ロマンティコ自身がコネクトする精霊を作品として製作している。

2007年

当時滞在していた、インドネシアのバリ島にて月夜に映る木の影に、精霊の存在を初めて感じる。この体験が後に“ボンボ”とよばれる精霊を描き始めるキッカケとなる。

2011〜2012年

アマゾン川横断の旅に出て、ブラジルの小さな村でアートと祈りを中心に暮らす。少年時代からの憧れである、ジャングル生活と現地のシャーマニズムを一緒に生活をすることで、言葉では伝えきれない多くの体験を得る。この頃から、魂や人生の壮大な物語をビジョンとして描き始める。

帰国後、埼玉唯一の村である東秩父村に拠点を置く。荷物の整理をしながら、学生時代の作品やラクガキに“ボンボ”の原型になるものを発見して、まさかの縁を感じる。

2013年〜2017年

福祉施設で障害者介護の仕事をする。

2018年

南米のシャーマニズムを本格的に学ぶため、三度目となるペルーに旅立つ。

この旅を通して“精霊ボンボ”が何なのかという理解が深まる。

帰国後、いよいよ世間に向けて“ボンボ”を広めていくことになる。

2019年

4月

東京/大森 オーガニックカフェ惑星の木にて、初めての個展

2020年

3月

東京/大森 オーガニックカフェ惑星の木にて個展

2021年

2月

東京/大森 オーガニックカフェ惑星の木にて個展

 

9月

横浜そごう『Japan creater's correction』出店

千葉そごう『Master Hand』出店

12月

千葉そごう 単独出店

千葉そごうJapan creater's correction』出店

2022年

2月

横浜そごう『Japan creater's correction』出店

 

7月

横浜/関内 ギャラリーSHIMIZU  グループ展『時空の扉』参加

 

8月

千葉そごう 単独出店